FC2ブログ







プロフィール

亀甲マンⅡ

Author:亀甲マンⅡ
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



5月初のハメ ⑤
M字騎乗位で突き上げると

喘ぎながら倒れてきたので

由美を仰向けに寝かせます。


DSC_9254.jpg

由美が大好きな正常位ですが

普通に犯しても物足りないと思うので

オナニーを強要

します(笑)

やっぱり最初だけは嫌がりますが

手を掴んで導いてあげれば

抜き差しをするたびに

ドロドロの本気汁をチンポに絡ませて

悦んでいると教えてくれます。


DSC_9256.jpg

由美の表情とドロドロにさせるオマンコを見ながら

犯していましたが

奉仕させられている

と由美に思わせたくなり

再び騎乗位に。


「腰を振ってチンポに奉仕だ!」

「自分の手でお尻を広げろ!」」



DSC_9263.jpg

こんなことを言われて腰を振らされたり

激しくズボズボ突き上げられていると

やっぱりチンポを本気汁でドロドロにされてしまいます(笑)

このままでも気持ち良いのですが

もう少しいやらしい雰囲気を盛り上げたい

と思い由美を四つん這いにさせました。

「大好きな生ハメだぞ?」

「生チンポ、気持ちいいのか?」

と言われても

両手で枕をがっちりつかんで喘ぐだけの由美。

でも

「子宮に精子が欲しいか?」

と聞いたときは

枕に顔を押し付けて喘ぎながらも

「欲しい…欲しい…!」

と答えてくれました(笑)

そんな期待通りの答えを聞いちゃうと…?


DSC_9268.jpg

ドクドク出されちゃうぞ?(笑)

由美のお尻に陰毛が多数付着しているのは

激しく突いた証ということで…(笑)


例によって

中だし後にチンポを引き抜く動画

を撮りましたが、

抜くなりボタボタとシーツに精子が垂れるのは

何度見てもいやらしく感じます。


思わず撮影後に

またバックで犯し始めましたが、

犯されすぎて疲れたのか

由美の反応が薄かったのと

ホテルを出る時間も迫ってきていたので

ここまでとなりました。


後でクレームが入らないように

キスマークもつけます(笑)


DSC_9272.jpg

中だしは2発なので

キスマークはふたつ。

後で思い出せるように

サービス?で左右の乳首も噛んでおきます(笑)


DSC_9274.jpg

由美は8回イッているので

キスマークは8つ。


こう見ると改めて

キスマークは二つくらいまでが可愛い

と思えますね(笑)

つけすぎは痛々しいような…。


会えない間に話している時に

キンタマをじっくり見たい

と言われていたので

顔面騎乗?のサービスも(笑)


DSC_9276.jpg

モザイクだらけで何が何だかわかりません(笑)

のちに

「窒息死してしまうかと思った…!」

と言われましたが(笑)


「今日はイキすぎて疲れた…」

と満足げに言われたので

最後のサービスでクリトリスをいじめて

合計9回

イカせたのでした。


DSC_9277.jpg

グッタリしてるの、伝わりますか?(笑)


その後ダルそうな由美の手を引っ張り、

シャワーを浴びて部屋を出たのでした。


DSC_9279.jpg

いつものお約束写メも忘れません(笑)


今回で由美とのハメ撮りは35回、

中出し合計は75発

になりました。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


5月初のハメ ④
シャワーを浴びて食事をしてからは

いつものようにベッドに…。

この日はイカされまくっているせいか

由美も一緒に昼寝をします(笑)


目が覚めればキスをしますが

それだけで由美がハァハァしてきますので、

キスをしながら体を撫で回して

さらに興奮を高めていきます。

そんな反応を目の当りにしたら

こちらも何も変化がないわけがなく…。


DSC_9243.jpg
※写真が横になってしまってスミマセン…

由美の乳首を弄りながら

手コキ

をさせます(笑)

手コキは由美も大好きですし

勃起乳首を弄り続けていれば

穴がどうなっているかは触らずとも分かります。

由美の片足を持ち上げるようにして

「おいで?」

と言って跨らせます。


DSC_9244.jpg

何の引っ掛かりもなく

チンポは根元まで穴に飲み込まれて行きました(笑)

下から突き上げたり

由美に腰を振らせたりしていると

やはりチンポはマン汁でドロドロ♪

二人の腰の動きがかみ合った感じも

また気持ち良いのです。

いつものようにお尻を叩きながら犯したりもしましたが

この日はもう一つ考えていることがありました。

如何にGスポットを効率よく亀頭で責めるか

です(笑)

そこで由美の上半身を起こさせて

M字のような格好をさせます。


DSC_9250.jpg

この状態で腰を動かせば

カリ首でGスポットをゴリゴリできるかと思いましたが…。

慣れていないからか上手く動かせません。

どちらかと言うと由美の長い脚の方が目を引きます(笑)

お互いの顔を見ながら犯せる体位だと思ったのですが。。。


これは再考の余地があるな…と思い、

由美はそのままで自分だけ仰向けに寝ます。


DSC_9252.jpg

この状態でバンバンと激しく突き上げて

「スケベな声を出せ!」

「もっと大きな声で!」


と言われると

期待通りの鳴き声

で由美は喘ぐのでした(笑)


5月初のハメ ③
クンニで由美をイカせた後は

両手で由美のお股を広げ

見つめたままで近づきます。

犯される

のがわかるのでしょう

少し怯えた目で

「いやぁぁぁぁ…!」

と言われますが

容赦なく犯します(笑)


DSC_9231.jpg

亀頭を穴に押し当てて

ズブ♪

と捻じ込むと

「はぁっ…」

と力の抜けた声を漏らしました。


更にゆっくりと根元まで捻じ込むと

「あぁっ…やぁぁぁぁっ…」

と言いながら手を伸ばしてこようとしますが

太ももと手首が拘束具で繋がれているので

抵抗できません(笑)

ここまでの段階ですでに4回イカされていますので

穴の中も敏感になっていることでしょう。


DSC_9233.jpg

カリ首が見えそうなあたりまで引き抜き、

根元までチンポを穴にうずめるのを繰り返し

「チンポ、気持ちいいのか?」

と言われると

言葉を出せずに

小刻みに上下に頭を振る由美。

何度も出し入れをしていると

穴から

ヌチャ…ヌチャ…

と言う音がしてきます。

「スケベな音が出てるね?」

と言われると

顔を真っ赤にして

横を向きます。

横を向いても部屋は明るいですし

手首は拘束されていて顔は隠せませんが(笑)


見ながら犯していると

チンポを引き抜く度に

ドロドロになりかけたマン汁が

チンポに絡みついていくのがわかります。


DSC_9237.jpg

膝の後ろに手を入れて

激しく打ち付けながら

ズボズボと犯し、

「もっとスケベな声を出せ!」

「やだ…」

「抜くぞ?」

「ダメ…」

「じゃあスケベな声を出せ!」

こんなことを言われながら犯されているのに

由美の穴はどんどん締まっていき…。

「精子、欲しいか?」

「欲しい、欲しい…!」

「精子でマーキングするぞ!」

「して…!」

興奮が高まっているからか

恥ずかしがらずに答える由美(笑)

激しくバンバン打ち付けて犯しながら

「穴の奥で出すぞ!」

「出して…!」

と言わせた後は…?


DSC_9240.jpg

激しくズボズボと犯していたからか

チンポを引き抜くと同時に

ドッロォォォォ!

と精子が大量に垂れてきました。

自分でも興奮していたからか、

心なしかいつもよりも大量です(笑)


中だし後の動画撮影は最初からしていますが

最近になって恥ずかしいと感じるようで

撮影の邪魔をされることが増えてきていました。

この日はここまでが濃密だったからか

撮影を邪魔するどころか

撮影が終わっても

お股を開いて

オマンコ丸見え♪

の由美でした(笑)


頑張ってくれたので


DSC_9241.jpg

ご褒美のキスマークも忘れません(笑)

5月初のハメ ②
由美にローターを押し付けられながら部屋に入り

いつものように部屋をチェックしながら

荷物を下ろしていると、

すぐそばでモジモジした感じで

由美が立っていることに気が付きました。


抱き寄せてキスをすると

攻撃的に舌を絡めてくる由美。

そんなキスをされたら

キスだけで終わるわけがなく…。

再びスカートの中に手を入れて

クリトリスを弄り始めました。

「んっ…んっ…

いやらしい声にならない声

を鼻から漏らしながら

なすがままの由美。

「そっか…!」

「…?」

「わかってる、わかってる…。」

と言いながら手錠を取り出すと

「何もわかってない~!」

と言いながらも手を後ろに回して

手錠をつけるのに協力してくれました(笑)


DSC_9220.jpg

こういう状況の方が興奮するもんね♪

ということで動画の撮影を交えながら

再び執拗にクリトリスを弄ります。

腰をガクガク震わせて

快楽に耐えているのが分かったので、

「またイキそうなんだろ?」

「イカ…ない…もん…。」

「命令するぞ?」

「やっ…。」

と言いながらもより息遣いを荒くする由美。

「命令だぞ、イケ!」

「やぁだぁ…。」

「命令だ、イケ!」

と強い口調で言われると

「…イク…!」

と口にしたので

由美の体を抱きしめて

キスをしながら

さらに激しくクリトリスを弄ると…。

昇天♪

服を脱がずして

3回もイッてしまうのでした。

ただでさえ汗かきの由美はもう大変(笑)

手錠を外して服を脱がすと…


DSC_9222.jpg

文字通り

バタン!

とベッドに倒れこんでしまうのでした(笑)


倒れこんでも容赦しません。

仰向けに寝かせて

Tバックをはぎ取りました。

両手を膝の上に置き、

ガバっ!っとお股を開いて観察をします。


DSC_9224.jpg

パールパンツが食い込んでいるのが

実にいやらしいです。

「恥ずかしいよぉ…。」

そう言ってお股を閉じようとしますが

そうはさせません。

クンニでイカせる

ことを考えてましたから(笑)


勃起はしているものの

まだ皮をかぶっているクリトリスに吸い付き、

吸引して口の中でズルムケにします。

そして吸いながら舌先でひたすら舐めまわしました。

「やっ…やっ…!」

とは言うものの

舐めるのを止めさせようとはしない由美(笑)


DSC_9226.jpg

穴に顎が当たると

ヌルヌルとした感触で

穴からマン汁を垂れ流している

のがよくわかります。

時折口を離して

「由美、イケ!」

と命令口調で言いますが

「やだっ…やだぁっ…!」

と言って喘ぐ由美。


一度立ち上がり

手錠とは別の拘束具を取り出しました。


「えぇっ…」

とは言うものの

太ももと手首を拘束することに

テキパキと協力してくれました(笑)


DSC_9228.jpg

ドMの由美は抵抗できない状態で

責められる方が興奮しますので、

こちらを取り出した次第です。


ついに犯されるのか…!

と由美は思ったかもしれませんが、

まだ犯してあげません(笑)


再び両手でお股を全開にして

クリトリスに吸い付きます。

激しく舌で舐めまわすと

激しく腰を上下に振り

気持ち良くてたまらない♪

アピールをしてきます(笑)


「イキそうなんだろ?」

「イカ…ない…」

「じゃあ命令するぞ?」

「やだっ…」

「由美、イケ!」

「やっ…」

「命令だ、イケ!イケ!!」


強い口調でそう言われると

喘ぎながらささやくように

「イ…ク…!」

と言った後に

腰をガクガクと震わせて

由美はイクのでした。


DSC_9229.jpg

「もう疲れた…」

「じゃあ今日は寝るか?」

「やだ

由美は無邪気にそう答えましたが、

汗でおでこに髪が張り付き

心なしかやつれて見えたのでした(笑)

5月初のハメ ①
GWがあった関係で

間が空きましたが、

由美に会ってきました。


DSC_9185.jpg

もうこれも見慣れた光景ですよね?(笑)

この日は今までにしなかったことを考えていましたので

これはまだ序の口です。

待ち合わせ場所の駐車場には

いつもよりも車はいませんでしたが、

何故か往来はあります。

どうしようかと思いましたが、

やっぱり咥えさせちゃいます。


DSC_9198.jpg

ここまでもいつもと変わらない流れです。

周りを見ていますので

「人が来るよ!」

と言うと

「んん~!」

と咥えながら動揺?する由美。

すぐ近くを通るかどうかによって

咥えさせるのを中断したり

頭を押さえつけて

喉奥まで犯します。

この格好で横に来られたら

咥えているのも

パンツも丸見えです(笑)


喉奥まで咥えこんでいる時に

5回チンポをピクピク動かして

我慢汁を絞り出し、

「お・れ・の・も・の」

と言う合図のマーキングをしておきました。


咥えさせながら

「穴は濡れてると思う?」

と聞くと

「濡れてないもん!」

と答える由美。


DSC_9204.jpg

下着の中に手を伸ばすと

確かに濡れていません。

おかしいな?と思い

穴のあたりを撫でてみると…?

「あっ…

と言う由美の声と共に

急に指先の湿度が上がりました(笑)

我慢してたな?

と思いつつ

計画していたことを実行に移します。


穴を撫でて指先をマン汁でトロトロにして

クリトリスまで滑らせます。

「んん~~~!」

クリトリスを撫でられるたびに

体をビクンビクンさせながら

喘ぐ由美。

でも咥えたチンポは離しません(笑)


普段なら軽く撫でる程度ですが、

とにかく由美をイカせる

のが計画でしたので

執拗にクリトリスを弄ります。

チンポを咥えたままで

クリトリスのみを弄られ続け

由美の反応が変わってきました。

「イクのか?」

「…イカない」

「イキそうなんだろ?」

「…イカないもん」

「由美は俺の女だぞ」

「俺のチンポを咥えながらイケ!」


「やだ…」

「命令だよ、イケ!」

「…や…だ…!」

「イケ!」

「チンポを咥えながらイケ!」


そんな攻防の後に

由美は足をピーンと伸ばし

イキました。

「イッたのか?」

「イッ…た…」

「チンポを咥えながらイッたんだな?」

イッたのを自己申告で再確認しましたが

クリトリスいじりは止めません(笑)


DSC_9206.jpg

由美は手に力を入れてしがみつき、

気持ち良さに耐えているのがわかります。

イッた直後で休みなくなので

気持ち良くて辛いのでしょう。

「ダメッ…!」

「もうイヤ…もうイヤッ…!」


と言っていましたが

構わず続けます。

「イケ」

「ヤダっ…」

「命令だ、イケ!」

「やっ…」

「イケ!」

少し声を大きくして

強い口調で命令をした後に

由美はチンポを咥えたままで

イキました。

DSC_9209.jpg

車の中ででは過去にしていなかったこともあってか

そこ、ベッドじゃないですよ?

と言いたくなるほど

肩でハァハァと息をしながら

助手席で横たわっていました。


DSC_9212.jpg

チンポを咥えながら

喘ぎまくっていたからか

チンポのまわりはヨダレでビショビショ(笑)


「疲れた…」

「じゃあもう帰る?

「帰らない

とのことでしたので

下着の中にローターを入れました。


DSC_9213.jpg

この日はTバックを指定していましたので

普通に入れたら落ちるかも?

と思い、

ローターをTバックでたすき掛け

にして移動したのでした。


ホテルに入る前にコンビニに寄りましたが

「車の中で待ってたらダメ?」

「ダメ♪」

なんてやり取りをしつつ

「辛い…」

と言いながら内股で

ヨタヨタと歩く由美を見てまた楽しむのでした。

「お店の中で落としちゃったらどうしよう…?」

「落ちそうになったら押さえつけてやる♪」

なんて会話もしましたが、

残念ながら無事に

ローターショッピング

は終了(笑)


ホテルのフロント近くで

ボトッ

と言う音をたてて

ローターが落ちたのは笑いましたが(笑)


恥ずかしそうに頬を赤らめて

ローターをこちらに何度も押し付けてくる

由美の動揺した表情も可愛かったです(笑)