FC2ブログ







プロフィール

亀甲マンⅡ

Author:亀甲マンⅡ
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



12月2回目のハメ ④
一発目の中出しの後は

いつものお約束を。

由美の手入れしてきてくれたヘアーに

脱毛クリームを塗り、

マン毛の没収

です(笑)


毎回恥ずかしいとは言いますが、

敢えて少し残して揃えてくるあたりは

こうされるのを待っているのか?

とすら思えます(笑)


没収をした後はシャワーを浴びましたが

トイレから出てきた由美が

「あぁっ、出ちゃう…!」

と叫びます。

顔を見るとちょっと困った表情でしたが…?

床を見ると

濡れています。

また射精をしていました(笑)

良く射精する人妻だね?



シャワーを浴びてからは食事をとりました。

いつも食事の後は眠くなってしまい、

由美に怒られながらも昼寝をします(笑)


ここからの画像は何故かないのですが、

目が覚めてから由美とキスをしていました。

時間をかけてねっとりと濃厚なキスを。

キスをしているとムクムクと勃起してきますので

由美を引き寄せて自分の上に跨らせます。

「また騎乗位…?」

「うちは正常位が好きなのに…


…とブツブツ言われますが、

亀頭を穴にあてがうと

その感触はヌルヌル

下から突き上げると

「あぁっ…!」

と悲鳴のような喘ぎ声と共に

一気に根元までチンポは飲み込まれました。


トロトロの穴にチンポを包まれながら

腰を振られるのはとても気持ち良く、

「俺のためにもっと腰を振って?」

「由美の穴でもっと気持ち良くさせてくれ」


とスケベな命令を出して腰を振らせます。


「その言い方、ずるい~」

とは言いますが、

「頑張らなきゃ、ってなっちゃうよ…」

と可愛いことを言って

一生懸命腰を振ってくれます。


お互いに腰を振って

穴の入り口から奥までを楽しんだり、

由美が疲れて腰を振れなくなると

お尻を叩いて腰を振らせました。


好きなのは正常位

と言いながらも

汗だくになりながら

合計10回由美はイキました。


長時間犯し続けて

ちょっとチンポの疲れ気味でしたが、

由美に咥えるよう伝えると、

汗だくの額に髪の毛を張り付けながら

自分の味のする亀頭

をしゃぶってくれました(笑)


そのおかげで元気を取り戻したので、

正常位になりズボズボと激しく犯し

イキまくった穴を犯されて

叫ぶように喘ぐ由美の体を押さえつけて…

射精をしました。


年末年始で会えない間に

由美がブログをすべて読み返して

カウントをしたところ、

この時が記念すべき?

100回目の中出し

だったそうです(笑)


DSC_2100.jpg

このヒモパンの中に

100回中出しされたオマンコが隠されているって…

なんかいやらしいね♪

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


12月2回目のハメ ③
その後は由美をベッドに導き

押し倒します。

そして下着をはぎ取って

正常位で犯し始めました。

…パールパンツは脱がさずに

ちょっとずらして(笑)


亀頭で穴を突くと

何の抵抗もなくヌプッと飲み込みます。

すぐにでも根元まで入るのはわかりますが、

敢えて亀頭だけで

何度も出し入れを繰り返します。

2度3度と繰り返すことで

引き抜いたチンポは

由美のマン汁でいやらしく光り始めます。

「あぁ…ズッポリ入る」

「良く滑るよ、由美のマンコは」


そんな卑猥なことを言われながら犯されていると

だんだん由美の喘ぎ声は大きくなってきます。


DSC_2057.jpg

亀頭から根元まででゆっくり犯していると

白い本気汁でチンポはドロドロにされてしまうのでした。

いやらしいマンコだな…!

と思い

ズブズブと激しく突き始めると

それに連動して

「あぁっ…!」

と可愛い喘ぎ声を部屋に響かせるのでした。

触ってもいないのに両乳首を勃起させて

いやらしいな…などと考えていると、

興奮も一気に高まり…


DSC_2064.jpg

射精をしてしまうというものです(笑)


このところは射精後に引き抜いても

すぐに垂れてこないことが多かったのですが、

残念ながらこの日は即垂れ流し(笑)

パールパンツとアナルを伝って

精子がベッドに垂れていったのでした。


12月2回目のハメ ②
立ったままイカされて

ハァハァと肩で息をする由美を

休ませようと思い、

ソファに誘導しました。


DSC_2039.jpg

可愛く笑いながら

「立ったままは辛い~」

「ベッドでイカされたかったのにぃ」


なんて言われたら、

ついついスカートの中に

また手が伸びちゃうというものです(笑)


またソファでクリトリスを弄り

イカせようかと思いましたが、

会ってすぐの車内で

「ホテルでもチンポを咥えるんだぞ?」

と宣言していたので、

由美と目を合わせたままで

チンポを取り出します。

由美は少し表情をこわばらせながら、

でも確実に次にどうするのかわかっている

と言わんばかりの表情で見つめ返してきます。

「ほら、さっきの続きだよ?」

と言われれば…


DSC_2041.jpg

立ったままの手マンでイカされて

疲れているはずなのに

躊躇せずに咥えてくれます。

シャッター音が鳴るたびに

手で邪魔するようなしぐさをしますが

基本的に撮影には協力的です(笑)


しばらく舌づかいを楽しんだ後は

恥ずかしがらせようと思い、

由美を立たせて脱がしていきます。


DSC_2052.jpg

敢えて上下下着姿にしますが

この時点では恥ずかしがって

クッションで体を隠されてしまいます。


それならば…と由美の前に立ち、

由美の顔を引き寄せて再び咥えさせます。


DSC_2054.jpg

させられている感

を高めるために


両手で頭を押さえて腰を振ったり

「我慢汁を吸い出して…?」

と指示を出して

由美の意志で我慢汁を飲ませた反応を楽しみました。


12月2回目のハメ①
12月も終わりに差し掛かったころ

まだバタバタはしていましたが

由美に会ってきました。

数日前まで会えるかはわからない状況でしたが

会えることになって由美はニコニコ。


DSC_2019.jpg

車に乗るなりチンポを出されても

天使のような笑顔です(笑)


当然これだけで終わるはずはなく

「ほら…?」

と言われても

「あそこの車、人が乗ってるよ?」

と周りを気にしています。


「じゃあしまおうか?」

と言いながらそんな仕草をすると

「あぁ~~~!」

と言いながら

咥えつくのでした(笑)


DSC_2024.jpg

一度咥えてしまえばすぐには離さないので

スカートを捲り上げてもお尻を撫でてもやり放題(笑)


捲り上げたスカート越しに

その日の下着を確認し、

お尻や恥骨のあたりを撫で回します。

少し強引に下着の中に手を捻じ込むと

穴はうっすら濡れてきていました。

指先で穴をマッサージするように撫でれば

すぐに指先はマン汁でトロトロに。

咥えさせながらイカせたい

と思っていましたが、

そこは恥ずかしくて抵抗があるからか

かたくなに拒否られてしまいます(笑)

時間も時間だったので

「ホテルに移動しようか?」

と何度か声をかけると

ようやくチンポから口を離しました。


咥えさせていたチンポをしまう時に

由美の目の前でピクピクと動かして

亀頭の先から我慢汁をちょろっと絞り出しました。

「あぁっ…

「おっと…

「でも人が…

「じゃあしまうね?」

「えぇっ、勿体ない…!」

「どうする…?

そんなやり取りの後に…


DSC_2027.jpg

由美はちょっと周りを気にしながら

亀頭を咥えて我慢汁を吸い出しました。


その後は

イカせられなかった悔しさ

をリモコンローターに託し

操作しながらの移動です(笑)


ホテルに入ってからは、

洗面台の前に立たせます。

背後に立って抱きかかえるようにして

スカートを捲り上げます。


DSC_2031.jpg

「きゃ~~~!」

と言いながらも

撮影しているスマートフォンの画面を見入る由美。

ドスケベです(笑)

ヒモパンの下に

ちらっと見える赤いパールパンツと

妖しく光るリモコンローターよりも…(笑)


DSC_2034.jpg

その後はまた

鏡の前で立ったままキスをしつつ

指でクリトリスを執拗に責められ、

腰をガクガクと震わせて

イッてしまうのでした。


12月初のハメ
だいぶ更新が遅れていますが

12月も由美に会っています。

公私ともにバタバタが続き

メンタルが弱っていましたが、

「会いたい!」

と毎日由美に言われて

会ってきました。

あまりその気にはなれないかもしれない

と伝えたうえでの再会でしたが…。


DSC_1954.jpg

部屋に入って上着を脱いだ後に

由美を抱きしめていたら、

何故か手マンをしていました…(笑)

「立ったままじゃイヤ…」

と言いながら

本気の抵抗をせずに喘ぐ

由美に止まらなかった次第です。。。


撮影をされながら

何度も腰をガクガクさせて

由美は立ったままでイキました。


DSC_1959.jpg

ずっと立ちっぱなしで辛そうだったので、

由美のエアコンの温度を調整してもらいます。

スカートを捲り上げて

下着をチェックすると

「いやぁぁぁぁ…!」

とは言いますが、

丸見えのお尻を隠そうとはしません(笑)


どんな下着なのかを確認した後は

何も言わずに服に手をかけて

まずは下着を脱がしました。

最初は抵抗していましたが

太もものあたりまで脱がした頃には

なすがままに(笑)

その後由美だけを全裸にさせました。


DSC_1962.jpg

恥ずかしいと連呼していましたが

表情が嫌がっていないのは

誰が見ても明白です(笑)


その後隣に行き

時間をかけてキスをしました。


DSC_1966.jpg

後から聞いたところでは

「セックスはお預けだと思った」

とのことでしたが、

全部剃ってはいないものの、

ちゃんとヘアーのお手入れをしていました。

女子力が高いのか、

それともこうなることを期待をしていたのか…?(笑)


キスをしながら由美のオマンコに手を伸ばすと

一度イッたオマンコは

現在進行形でマン汁を溢れさせています。

由美の体を自分に載せるようにすると

「正常位が良いのに…」

と言いながらも跨ってくれます。


DSC_1967.jpg

亀頭でクリトリスから穴を何度も撫でると

腰を浮かせて犯されるのを待っている由美は

目をつぶっていやらしい息遣いをしています。


何度か撫でで亀頭をマン汁でヌルヌルにしてから

由美に腰を下ろさせると

ちょっと切なそうな

「あぁっ…!」

と言う声を漏らしつつ

トロトロの穴に根元までチンポを咥えこみました。


DSC_1975.jpg

最初は由美に腰を振らせたり

お互いに腰を振って奥まで犯したり

両手でお尻を鷲掴みにして

耳元で由美の喘ぎ声を堪能してから

穴の奥で由美に分かるようにドクドクと射精しました。


いつもならその後に引き抜いて

穴から精子が垂れる

証拠写真?を撮りますが、

射精後もしばらく挿れたままにしていました。

しばらくして萎えてきたときに

にゅるん♪

と穴から追い出されましたが(笑)


この日は一発だけでしたが

添い寝?をして時間を過ごし

ホテルを後にしたのでした。


DSC_1982.jpg

このところ定番にしている

最後の写メも忘れません(笑)